色々な薬

ヘルペス治療薬の種類はたくさんありますが、その中でゾビラックスは顆粒状や注射剤まで揃っています。嚥下能力が低下した人などへメリットがあり、性器ヘルペスに対して再発抑制などにも効果があります。1回200mgを1日5回服用することが必要で、2時間ごとに服用することになります。少し前まではゾビラックスしか種類がなく、高い印象もある薬でしたが現在はジェネリック医薬品も多く出ているので、選択肢が広がっています。またジェネリック医薬品の中にはシロップや、ドライシロップなどもあるので服用しやすさが特徴です。

バルトレックスはバラシクロビル製剤ですが、顆粒剤があります。嚥下能力が低下している患者へのメリットが大きく、性器ヘルペスに対して再発抑制などを目的にしています。1回500mgで1日2回を5日間服用していきますが、口唇ヘルペスは1日2回になるので注意が必要です。プロドラッグですが体内に入ってから効き目を発揮することが特徴で、処方をしてもらうことができます。しっかり効果を発揮しますし、コスト面でも有利なのがバルトレックスです。アシクロビルはゾビラックスなどの成分を元にして、長からの薬の吸収を改善している薬剤になります。

ファムシクロビル製剤で、主に単純疱疹や帯状疱疹へ使用されることが特徴です。アメナリーフはアメナメビル製剤で、主に肝臓で代謝されることが大きな特徴になります。腎機能が低下している人は特にメリットがあり、腎臓への負担が軽減され帯状疱疹に対しての使用が多いです。ビダラビンは軟膏やクリーム状のものがあり、ジェネリック医薬品も揃っています。薬の効果は飲むよりは劣りますが、でき始めの時で症状が軽い場合に素早く塗ることができます。たくさん塗りこみ絆創膏などで蓋をすれば、1日くらい待つと効果が大きく出ます。

治療薬として1番初めに開発された治療薬がゾビラックスですが、口唇やヘルペス・性器ヘルペスや角膜ヘルペス・帯状疱疹などよって引き起こされる、色々な病気に高い効果を発揮しています。発症してから時間を置くことなくできるだけ早く使用することで、治癒までの期間を短くすることができます。これにより重症化を防ぐことができるので、ゾビラックスの主成分はアシクロビルですが、ヘルペスウイルスがDNAをコピーすることで増殖する過程を阻害します。

ヘルペスに対しては特に有効な効果を持っているので、服用すれば多くの人が効果を実感することができます。1日に5回服用することを5日間続けますが、性器と口唇にできているヘルペスであれば5日間で完治することが多いです。帯状疱疹の場合ウイルスが強くなっているので、できる限り7日間飲み続けることが大切になります。