ヘルペス改善に効く食事とは?食事で免疫力をアップして予防・早期回復を目指そう

2020年02月24日

ヘルペス改善効果がある食事は、ある特定の食物がヘルペスを引き起こしたり、その反対に補助食品が口唇ヘルペス再発に役立つという科学的な証拠はないです。この感染症に対する最も理想的な食事は、バランスが取れていて果物や野菜を含んだバリエーション豊かな食事を取ることになります。その中でバランスよく取り入れると、ヘルペスに効果があると言われるのはオリーブオイルがあり、ヘルペスへ直接塗布するとばい菌を保護しながら治りやすくするとされています。納豆は多彩な消化酵素が消化を助けながら、免疫力を高めネバネバ成分がヘルペスを改善していきます。鶏肉は他の肉に比べると鮮度が命とも言えますが、弾力や光沢がある鶏肉を選ぶことがポイントです。

コラーゲンは特に水に溶けやすいですが、ビタミンCと一緒に摂取すれば吸収率も高まります。蕎麦はヘルペスに有効とされるリジンが含まれていますが、リジンには単純ヘルペスウイルスによって引き起こる疱疹を予防・改善する効果があります。牛肉はリシンが豊富に含まれていますが、アルギニンを摂取しすぎることでヘルペスの発症を抑制していきます。かぼちゃには血管や骨・白血球を強化しつつ、免疫力を高めながらウイルスの侵入を防ぐことが目的です。体内でビタミンAに変化するのが人参で、抗酸化作用もありますし生活習慣病を予防していきます。

栄養をそのまま摂取できる人参ジュースが特に、推奨される食べ方です。粘膜や目を保護するほうれん草は、感染症への抵抗力が高まります。病原性大腸菌やサルモネラ菌などの多くの菌に対して、梅肉エキスが抗菌力を発揮します。お茶に入れることで定期的に摂取することができ、とても手軽です。逆にアルギニンを栄養素としているので、それらをたくさん含んだ食べ物を食べると再発する頻度が高くなるとされています。ナッツはアルギニンがたくさん含まれているので、再発しやすい状態にします。

全ての食材を万遍なく摂取するようにし、少しずつ継続的に食べることによって免疫力が高まるので余計なウイルスを寄せ付けませんし再発しにくくなります。特定の食品をずっと食べ続けることで栄養バランスが崩れてしまい、そこから免疫力が落ちるので再発する可能性が高まります。また再発しそうな予感がした時に、できる限りバランスよく食事をすることで早期治療ができることもあります。再発すれば皮膚が痛くなり日常生活に支障をきたすこともあるくらいなので、できる限り早い段階で直していくことが理想です。